DVDコピー/DVDダビングは自分で出来る!・メイン > DVDメディア> ELECOM CMF-MM6BU CD/DVDマルチメディアケース
このページでは「ELECOM CMF-MM6BU CD/DVDマルチメディアケース」 について説明しております。

ELECOM CMF-MM6BU CD/DVDマルチメディアケース " widt...


ELECOM CMF-MM6BU CD/DVDマルチメディアケース


ELECOM CMF-MM6BU CD/DVDマルチメディアケース

ELECOM CMF-MM6BU CD/DVDマルチメディアケース<comono Fino>
定価: ¥1,050
販売価格: ¥643
人気ランキング: 325位
おすすめ度:
発売日:
発売元: エレコム
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

まとめて収納、保管に便利な大型マルチメディアケース
  • ハンドルを持ち上げるとロックがかかり、持ち運び時に引き出しが飛び出さない。
  • スタッキング時も内容物が出し入れできる、前面引き出しタイプ。
  • 軽くて割れにくいオールPP樹脂製。

もっと安いものがある
これと似たような商品に
ELECOM AVD-MM6BU マルチメディアケース(Pケース入CD/DVD20枚)
というものがあります。
見た目は全く同じでした。
そちらの方が安いのでお得です。


取っ手を持って移動時に中身が飛び出さない。
取っ手を立てると引き出しのロックがかかり、
部屋から部屋への移動時に中身が飛び出さない所が良い。
引き出しの内部、ほぼ中央部にメディアが寝ないように仕切り板がある。
CDケースサイズ専用で使う分には問題ないが、
DVDのようなトールサイズのケースを収納しようとすると
仕切り板があるため入らない。
この仕切り板がとりはずしできれば満点だと思います。
本品はケースのみで不織布は附属していません。

気に入ってまーす
同社のDVD不織布ケースと一緒に購入。DVDケースは1枚両面収納タイプで、100枚セットだったから計200枚のDVDを収納することが可能で、そのケースを保管しておく入れ物がこれ。不織布じゃなくてもプラケースなんかも収納可能ですよ。
持ち運び用に掴む部分がついてるが、これを上げてると、引き出しの部分が自動でロックされた状態となる。このアイデアは申請中だそうな。
ブック式のDVDケースが主流のようで、まあ不織布とこのケースをセットで買うよりはブック式のほうがコストはかからんけど、ブック式のは取り出しづらかったりしてストレス溜まるんで、小生はこのタイプを贔屓にしております。




このサイトの情報の取扱に関しては、当サイト使用上の注意を参照してください。


最新コピーガード一覧表

現在DVDに含まれているコピーガードの一覧表を作成してみました。中には余り聞いた事のないコピーガードも含めれていますね。最近の傾向としては、やはりCPRMやARccOSなどが含まれているた為に、録画は出来るが、コピーは出来ないと言った物が増えている。レンタルDVDや一般に販売されているDVDがそれにあたります。
これらCSS以外のコピーガード対策も別の機会に解説をしようと思っております。
CPRM コピーや録画できる回数を制限するコピーコントロール信号である。コピーワンス放送などの映像データに入っている。
CPPM DVD-Audioが利用しているコピーガードで、DVDとは異なるファイル構造である為に、DVD-Audioの専用ソフトでなければコピーする事も、コピーガードを解除する事も出来ない。
CSS おなじみのコピーガード。販売されているDVD、レンタルDVDに含まれるコピーガード。CSSは、DVD ShrinkやDVD Decrypterによって解除が可能。
48DVD その名の通り?48時間に限って再生が可能。格安のDVD-VideoやPVなどに使われるコピーガードである。
DVD Magic インターネット認証を取得しなければ視聴する事が出来ないコピーガード。プロテクト機能が装備されており、起動時にDVD Decrypter等のツールを阻止する機能もある。
Rip Guard ご存知、マイクロビジョン社が開発したリッピング防止用コピーガード。意図的にエラーとなる領域を記憶させておく事で、コピーする際にエラーとさせる働きを持つ。
ALPHA-DVD 通常はゲーム等のCD-ROMで使用されているコピーガード。現時点では、DVDの領域に入っているのは希な存在。
ARccOS 最近増えてきているコピーガードで、マイクロビジョン社が開発したRipGuardに類似。エラーを誘発させるプロテクト方式を採用している。

DVDコピーと画像安定装置の関係

画像安定装置とは、画像の色補正やノイズリダクションを行い、映像の質を高める為の機器の事です。つまり映像信号内のノイズ信号をクリアにすることによりその名の通り劣化した画像を安定させ編集する装置です。
が、その他にも、この画像安定装置には我々コピラー(笑)を協力にサポートしてくれる機能が付いているのであります。
画像安定装置を経由して再生機器(CSチューナー等含)と録画機器を接続した際に、コピーガードが除去されるという現象が発生します。すると通常のDVDコピーでは、視聴に不必要な(?)信号が視聴者の阻害になるわけですが、この画像安定装置を使いDVDコピーした場合、その不必要な信号が除去されますので、すっきりとしたキレイな画像が楽しめるわけですね。
画像安定装置にも、除去できる信号と除去できない信号がありますので、画像安定装置をご購入の際にはお確かめくださいね。